記事一覧

家にまつわる重要な祭儀

マイホーム購入は生涯で最も大きい買い物の一つです。
土地や物件探しから始まって、良い工務店探し、ローン返済計画など下調べや準備することが盛りだくさんです。しっかり準備して、納得のいく住まいを手に入れて下さい。

「快適な家に住みたい」と誰しも願うものであり、一生の中で住まいはとても大きな課題と言えます。

そんな家をせっかく建てたのに、住んでいるのが嫌になってしまうのはとても悲しい事です。

しかし、地鎮祭や上棟祭、宅神祭などをせずに建ててしまった家は本当に快適に過ごせるのでしょうか?

家を建てた後や建売・中古物件を購入した後、様々なトラブルが起きるケースが数多くあります。

これは、地鎮祭などの祭儀を怠ったか、祭儀の執行の失敗によるものです。

そのようなことが起きないよう、地鎮祭、上棟祭、宅神祭をしっかりと行う必要があります。

ここで、日本で古くから行われてきた、建築にまつわる祭儀について考えてみましょう。

土地を購入したら自分の物と考えがちですが、本当にあなたの土地になったのでしょうか?

日本の国土は、神話の時代より神々がお造りになった神聖な土地です。私達人間は、この神々からしばらくの間、土地をお借りしているだけなのです。

実は「土地」というのは、産土の神さまやまだ名前も知らない多くの神々がお治めになられています。

ですからそれらの神々にその土地に建物を建てる承諾を得る必要があります。またどのような土地であっても、様々な穢れがあることから土地の清祓は大変重要な事なのです。
 土地に鎮まる多くの神々やその土地を治めている産土神に、土地を使わせて頂く事の許可を頂き、土地を祓い清める祭儀が地鎮祭です。

只、最近は地鎮祭のみをすれば良いと思っている方が多いようですが、地鎮祭の実では何も神事を行わない場合とほとんど変わらない、無意味なものになってしまいます。
 次に建物の守護神と工匠の守護神にこれまでの工事の無事を感謝し、竣工までの安全と建物の堅固長久を祈願するのが上棟祭です。

実は建物を建てる際に最も重要な祭儀は上棟祭なのです。

近年、「上棟式」として工務店あるいは施主によって、単なる飲食が行われるケースがありますが、あくまでも上棟は祭儀であり、神職による祭儀を執り行わなければ全く意味がありません。

そして工事が無事に終わり、引越しの直前に、今までの工事の無事と完成を神々に感謝すると共に、これからご家族で快適に暮らすために、完成した家の清祓をしご家族の益々の弥栄を祈願するのが宅神祭です。

陰陽會では、より快適な家造りのために【地鎮祭】【上棟祭】【宅神祭】の3つの祭儀を全て執り行う事をお勧めしております。

地鎮祭・上棟祭・宅神祭と云う三つの祭儀を執り行う事で、土地や建物を守護する神々のご加護を頂く事が出来、、住みやすく、心地良い、快適な住まいにすることが出来るのです。

地鎮祭・・・工事の着手に行い、土地の神様や工事の守護神をお祀りし、土地の穢れを清祓し、工事の安全と建物の堅固長久を祈願致します。

上棟祭・・・建物の守護神と工匠の守護神にこれまでの工事の無事を感謝し、竣工までの安全と建物の堅固長久を祈願致します。

宅神祭・・・宅神祭は、竣工式、新室祭などとも言われています。建物が無事完成した事を神々に奉告し、建物の堅固長久と施主の弥栄を祈願致します。

 

改築や増築などのリフォームの際も必ず祭儀を執り行って下さい。

改築改装前後の清祓


建物が完成して引越しの際に、現在の住宅から新しい建物へ移る際の凶方位の障りの禍を除けるよう、方除のご祈願を推奨致します。

方除祈願

【地鎮祭、上棟祭、宅神祭をご依頼頂く場合】
 近年では、地鎮祭等の祭式の話を持ち掛けない会社も多いようですので、不動産業者、工務店など工事関係者の方と話を進めて土地、新築工事などが決まったら「地鎮祭等をやります」との意向をはっきり伝えてください。
 日程など話がまとまったら、当会へご連絡下さい。

当会に祭儀をご依頼頂く場合は、業者様によっては提携している神社がある場合もありますので、重ならないように必ず業者様にご確認願います。

連絡は慣れている工務店様から連絡してもらえた方が分りやすいと思いますが、施主様ご自身からご連絡頂いても構いません。
 尚、地鎮祭、上棟祭、宅神祭を執り行う場合は日本酒(献酒)をご用意下さい。
 建替えの場合でも通常は地鎮祭を執り行います。

工務店によっては「建替えであれば必要ない」という所もありますが、再度、氏神様に奉告することと工事の安全を祈願するという意味合いから大変重要な祭儀です。

スポンサーサイト