記事一覧

十五夜祭・十三夜祭

十五夜は「中秋」つまり陰暦の八月十五夜に行われるのが一般的です。

「中秋」の意味は、815日が陰暦の秋である七月、八月、九月の丁度真ん中に当たることによりますが、同じ読み方でも「仲秋」となると、こちらは陰暦八月のことを指します。

日本では、明治5(1872)に太陽暦に改暦されて以来、中秋は毎年変化しています。

旧暦が使われていた時代は、月の満ち欠けが生活のリズムを作っていましたので、満月は一つの節目として重要な意味がありました。

ですから八月の十五夜だけでなく、満月の夜はいつも祭りが行われていました。それが秋の収穫期と重なり、特に盛大に行われたのが八月の十五夜なのです。

中秋に続いて、陰暦九月十三日に行われるのが十三夜です。

十五夜と同じように、この夜の月が必ずしも十三夜月になるとは限りません。

上代の文人たちにとっては十五夜の月も十三夜の月も同じように丸い鏡として捉えられていたと見られていますが、実際には十三夜ではどう見ても丸いとは思えない場合があったはずです。

いずれにしても、十三夜は支那では見られない日本独自の行事で、室町時代の文献には、当時の十五夜と十三夜に芋や豆が供えられていたことが記されています。

近年においても十三夜に豆を供える地域は多く、これが十五夜の「芋名月」に対して「豆名月」と呼ばれる所以です。

尚、日本では「片月見はいけない」と言う伝承が各地にありますが、これは十五夜を行ったら、必ず十三夜もしなければならないと言うものです。

このように片月見を忌み嫌ったのは、2回の月見をセットすることによって、どちらか一方は必ず月を拝してその年の収穫を祝うと共に、翌年の豊作を祈願したいと言う意識がその根底にあったのではないかと考えられます。

十五夜よりも十三夜の方が晴天を期待できると言う日本の気象パターンから推察しても、十三夜に対する強い意気込みが感じられて当然でしょう。

「十五夜が駄目なら十三夜がある」と言う切実な想いは、各地に残された伝承や俗信からもはっきりと窺うことが出来ます。

陰陽のバランスを考える上でも、2度の月見を行うことは必要です。

十五夜や十三夜の晩にはススキが飾られ、更に次のような供え物をするのが全国的に一般化した行事となっています。
 1.団子(十五夜には15個、十三夜には13個)、饅頭、おはぎなどの作り物
 2.里芋、サツマイモ、豆類、大根などの畑作物
 3.柿、栗、梨、りんごなどの果物
 4.ススキ(十五夜には5本又は15本、十三夜には3本又は13本)

 十五夜、十三夜にとってススキ(萱・カヤ)は欠くことの出来ない植物ですが、これは秋の七草の一つ(尾花)にもなっています。
 かつてススキは屋根を葺く素材として大量に利用され、また炭焼きの盛んな地域では炭俵を編む材料としても使われるなど、人々の生活に有用な植物として位置づけられてきました。

また、ススキには本来的な役割として呪術力を持つとする見方があり、こうしたいくつもの流れが互いに影響を及ぼしながら、収穫儀礼の象徴として十五夜行事の主役をつとめてきたと言えます。

 天の恵みに感謝の意を込めて、十五夜、十三夜をお祭りしてみては如何でしょうか。
十五夜祭
27927_001 


十三夜祭
271025_001





スポンサーサイト