記事一覧

重陽祭

春夏秋冬と季節が美しく移り行く日本では、気候の変わり目の祝祭日の事を節日(せちび・せつび)と言い、お供え物をしたり行事を行って祝ってきたという歴史がありました。
 この節日の供物、「節供」と言う言葉が、節日そのものを指すようになって「節句」という言葉になったとも言われます。
 この重陽の節句は、日本では、平安初期から江戸時代が最も盛んに行われた時期で、一番公的な性質を備えていました。天皇が紫宸殿(ししんでん)に出御され、下臣共々詩歌文章を作り、菊酒を下賜しました。
 また被綿(きせわた)と言って八日の夜に、菊に綿をかぶせて夜露、朝露を帯びさせ、当日の祝い物としました。
 この菊の香りとしずくを吸った綿で体を拭くと長命を得るという典雅なもので、
枕草子や紫式部日記の中でもその風習をうかがう事が出来ます。
 また菊合といって、菊の品評会のようなこともあり、これを契機として菊の栽培が盛んになりました。
 明治になって日比谷の菊花競技会、国技館の菊人形などが盛んになり、現在もその流れは続いています。
 一般大衆の間では、栗飯を食べるので、栗節句とも言い習わされています。
 9月9日を秋祭りとする地方も多く、収穫祭の日取りにしている地方も多いようです。
 このお節句の始まりが公的なものであったために、現在は一般ではほとんど行われていませんが、収穫を祝う農村の喜びを、栗ご飯などを炊いて、お祝いなさるのも良いと思います。
 9月9日は「重陽(ちょうよう)」と呼ばれ、奇数(陽数)が重なる日は、陰陽道では陽の気が極まる日とされていて、厄を祓い、無病息災を祈って、季節の食物を神に捧げました。
 奇数のことを陽数、偶数のことを陰数と言い、陽と陽が重なるので「重陽」です。
 重陽の節句は「菊の節句」とも言われます。 
 菊は長寿延命の薬草とされていて、邪気を祓う魔除けにもなるので、菊を浮かべた菊酒は大いに愛飲されました。
 また、京都に伝わる重陽の行事としては、上賀茂神社の「重陽神事・烏相撲(からすずもう)があります。この日の朝10時、前夜から菊の花に被せておいた「きくの被綿(きせわた)」を神前に供える神事に続いて、烏相撲が執り行われます。
 境内祭殿前の土俵の左右から、弓矢を手にした二人の刀禰(とね)が横飛びしながら二つの立砂の前へと現れ、「カーカーカー」「コーコーコー」と烏の鳴き真似ををした後、氏子の子供が相撲を行うと言う、古式ゆかしい行事です。
 御家庭では菊の花を愛でながら、栗ご飯などを召し上がって、無病息災を願ってみては如何でしょうか。
2899_001

スポンサーサイト