記事一覧

端午祭

五節句のならいを背景に平安時代に定着、やがて男児の逞しい成長を祈願する祭礼になりました。

平安時代には「穢れを祓う」という五節句のならいを背景に「端午の節句」が定着しました。

宮廷では邪気を祓うために屋根に菖蒲を葺き、節句の当日には天皇も貴族も菖蒲鬘をかぶり、今日も京都・上賀茂神社の賀茂競馬などに見られるような勇壮な競馬(くらべうま)も催されました。

「端午の節句」に菖蒲が重んじられたのは、早春に力強く芽吹く姿に邪気を祓う力があるからです。

陰陽會では55日に0歳から13歳までの男女のお子様を対象とし『端午祭』を執行いたします。
 お子様の1年間の病気や災厄を祓い、健やかな成長と利発さや美麗が授かるように、また親子の絆が一層強まるようにご祈願申し上げます。

初穂料・・・1名 5千円

授与品・・・御神札・御守

スポンサーサイト