記事一覧

十三参り

 生まれ年の干支が一回りした数え13歳(満12歳)の子供が受ける年祝いの祭儀です。

 江戸時代、数え13歳で男子が元服、女子が初めて本裁の着物に袖を通す年でもありました。

 特に女の子のお参りについては福徳、智恵、美麗を授かるように、無事成人するようにと祈願致します。

 暦では413日が「十三参り」ですが、当会では随時執り行っております。

十三参り年齢・・・数え13


初穂料・・・
1万円

授与品・・・御神札・御守・鳩土鈴


 



スポンサーサイト