記事一覧

物之清祓

「物」には穢れが付着する場合が多々あります。

特に宝石類(特に水晶)、人形、中古品、骨董品、喪服、数珠などは様々人の思いや穢れが付着することで、禍を招く恐れがあります。

これらの物を穢れが付着した状態で所有していると、更なる穢れが付着する事から、禍を招き、事故・怪我・病気・家庭の不和・経済的損失などの様々な良からぬことが生じます。

物の清祓をすることで穢れを祓い、禍を遠ざけて下さい。

穢れは一度祓えば終わりと云う事ではありません。

手元に置かれる場合は定期的に穢れを祓い、常に清浄な状態に保って下さい。

特に宝石類は定期的な清祓をお勧め致します。

一件につき初穂料・・・5千円

※場合によっては初穂料が異なる場合がありますので、ご相談下さい。
 遠隔での清祓、もしくは持込が困難な場合は、当会から形代(かたしろ)をお送り致しますので、お申し込みの際、必要枚数をお申し出下さい。

スポンサーサイト