記事一覧

初宮

 私達日本人は、遠い祖先の昔から、様々な良い伝統を受け継いできました。
 人生の節目節目に行われてきた「人生儀礼」もその一つです。
 世の中は時代と共に変わっていますが、
 昔から伝わり守られてきた人生の英知を大切にすることで、赤ちゃんの人生を明るくすることになるでしょう。

お七夜の祝い
 普通、生後七日目までに赤ちゃんの名前を付けます。
 この日、誕生の証に名前を書いて神棚などに掲げて神様に奉告し、親戚や縁者一同にお披露目をします。


初宮詣
 普通男児は生後31日目に、女児は33日目に祝い着(紋付)を着せて神社に参拝し、家族揃って成長御加護を祈願します。
(生後1ヶ月後のお子様の体調の良い時に御参り下さい。)


初穂料・・・1
万円
授与品・・・御神札・御神矢・御守・でんでん太鼓

初宮

スポンサーサイト