記事一覧

地鎮祭

地鎮祭とは
 地鎮祭は「とこしずめのまつり」とも言います。
 建築物を建てる際に、最初に行う儀礼です。

 土地の神々の霊を鎮め、敷地の穢れを清祓し、施主の弥栄を願い、工事の安全を祈願致します。

【主な地鎮行事】
刈初之儀・・・地鎮之儀の最初の儀式です。設計者が忌砂に向かって、三度忌鎌で草を刈る所作 

をします。

穿初之儀・・・施主が忌砂に向かって、三度忌鋤を入れる所作をします。
鍬入之儀・・・施工者が忌砂に向かって、三度忌鍬を入れる所作をします。

鎮物埋納之儀

・・・斎主が地鎮之儀の際に、鎮物を埋納する儀式です。

初穂料・・・3万円(鎮物含む)
出張祭典でご用意いただくご神饌等について


鎮物とは

鎮物は、土地の神霊を和め鎮めるために捧げるお供え物として、地鎮の儀である米・塩・お神酒・切麻による散供、忌鎌・忌鋤により起工の所作を行う刈初・穿初の儀に引き続き行われる鎮物埋納の儀の際に用いられます。

 鎮物は忌物(斎物)とも称して、鉄板によって作られた人形や刀・盾・矛鏡など数々の物があてられ、その土地に埋納されます。
 以上のように、地鎮祭に欠かせない呪物としての鎮物です。

鎮物について・・・建物の大きさ、用途および施主の希望により上等の鎮物をご用意しています。
 詳細はお問合せ下さい。
(初穂料に含まれている鎮物)
上等の鎮物をご希望の場合は、初穂料は別途お納め頂く事になりますので予めご了承下さい。



   

  






スポンサーサイト