FC2ブログ

記事一覧

令和元年9月13日 十五夜祭を斎行致しました。

十五夜祭を斎行致しました。ご神前に萱(かや)・月見団子をお供えし、秋の実りに感謝申し上げました。...

続きを読む

令和元年9月12日 桃剣布都御霊非理法權天破邪神法を執り行いました。

桃剣布都御霊非理法權天破邪神法を執り行いました。桃剣布都御霊の御加護を頂かれ、禍を絶ち切り、善き方へと未来を切り開かれますよう祈念致しました。  ...

続きを読む

令和元年9月9日 重陽祭を斎行致しました。

重陽の節供にあたり、邪気を祓い長寿を願う重陽祭(菊花神事)を斎行致しました。...

続きを読む

令和元年9月7日 秋季祖霊祭(9月22日斎行)のご案内

祖霊の祀り家族の誰かが身罷(みまか)った場合には、その人の御霊はその一家の祖霊と合祀され、やがては守護神となって子孫や一家を守護してくれると云う我が国古来からの祖霊祭祀があります。子孫は先祖に対して日々のお祀りはもとより、個々の先祖の正辰祭並びに年祭(年忌)を鄭重に奉仕し、益々鎮まりますようお祀り致しましょう。春季・秋季祖霊祭 春秋の祖霊祭は祖先をお祀りする日であり、皇室では皇霊祭が執り行われます...

続きを読む

令和元年9月7日 敬老祭(9月16日斎行)のご案内

世界に例のない敬老の日今日では70歳は普通の老齢となりましたが、昔は「人生七十古来稀なり」(杜甫の詩)と言って古稀の祝いとしました。我が国には幼少年を大事にし、老人を敬う特性があります。人格円満で老齢になった人を尊び敬う風は、例えば神の御姿を白髭の老人(猿田彦神、武内宿禰)の姿とする考えに通うところがあります。いつの世も、先人を敬い大切にする心は美しく、私達はそれを決して忘れてはいけません。陰陽會で...

続きを読む