記事一覧

霊璽(れいじ)鏡錦付覆い

霊璽(御霊代) 鏡錦付覆い 霊璽とは御神体となる「御霊代(みたましろ)」です。 祖霊舎のサイズによって異なりますのでご確認下さい。 また「神道用過去帳」もございます。 材質 桧材、鏡錦付 寸法:5寸(高さ15cm×巾7cm×奥行5.7cm)・・・初穂料 3万円 寸法:6寸(高さ18cm×巾7.8cm×奥行5.7cm)・・・初穂料 3万5千円 回出型霊璽(合祀用・御霊代) 鏡錦付覆い 材質 桧材、...

続きを読む

祖霊舎(みたまや)セット

祖霊舎(みたまや)とは、神道式でのご先祖様をお祀りするための社です。 神道の教えでは、「一人の人間は亡くなると『肉体を司る神(魄)』と『心を司る神(魂)』の二つの神様になる」と、考えられています。 「肉体を司る神」は奥津城(奥津城)と呼ばれるお墓に祀られ、「心を司る神」は子孫を守る祖霊として家に残り、祖霊舎という社に祀られます。 祖霊は、その依り代となる霊代(みたましろ)(=仏教でいう位牌にあ...

続きを読む

荒神様神殿セット

荒神様をお祀りする由縁は、伊清浪之尊が「黄泉戸喫(よもつへぐい)」をなされた為に、つまり、黄泉の国の穢れた不浄の火と水を持って炊いた食物を口にせられた結果、再度現世に帰れなくなり、火と水の穢れを現世にもたらすことが大きな災禍を呼ぶことを恐れたためです。 荒神様の御札(火産靈大神・水波賣神)は、毎年12月に竃〆一式(かまじめいっしき)の御案内をしております。 竃〆一式のみでお頒かちしておりますので...

続きを読む

地の神様(屋外社殿)セット

地の神様(屋外社殿)セット 土地の神様をお祀りするためのお社のセットです。 家を建てた後は、末永くこの土地に住まい、家が繁栄出来ますようにと、土地の氏神様をお祀りすることで、家内に起きる様々な枉事(まがごと)を鎮める事が出来ます。 地の神様(屋外社殿)セット 初穂料・・・3万円 出張祭典 (神棚奉斎)    初穂料・・・3万円 セット内容・・・外祭用神棚・御神鏡・水玉・榊立て ご用意いただ...

続きを読む

壁掛け宮

神棚をお祭りしたいけれども場所が無い方や、賃貸で釘などが打てない方など、手軽にフックなどで簡単に御祀り可能な神棚です。  神宮大麻などを御奉斎なさるのに最適です。  「御札を受けたが粗末にはしたくない、でも毎日のお供えは出来ない。」「棚を吊る事が出来ない。」という方に最適なお祀りの方法です。 寸法・・・巾㎝×高さ37㎝×奥行(縁部分)8㎝ 内陣寸法・・・巾9.2㎝×高さ285㎝×奥行3㎝ 清祓及び貴家の...

続きを読む