FC2ブログ

記事一覧

令和元年10月4日 産巣日祈願祭(10月10日斎行)のご案内

10月は日本全国の神々が神議(かむはか)りの為に出雲の地に参集され、神々が不在になる事から、神無月と呼ばれています。逆に神々がお集まりになる出雲地方では神在月(じんざいづき・かみありづき)と呼ばれます。出雲では旧暦10月10日の夜、記紀神話に於いて国譲りが行われた伊佐浜で、全国から参集される神々をお迎えする「神迎祭」が執り行われます。 年に一度、神無月に神々は出雲にお集まりになって、男女の御縁だけでなく...

続きを読む

令和元年5月29日 疫病封じ祈願祭【6月7日(旧端午の節句)斎行】のご案内

5月は古来より『毒月』とか『物忌みの月』と言われており、最も邪気の蔓延する時期とされています。 5月5日は「毒月の悪日」と言われ、「九毒」の最たる日と見なされたことから、その日に邪気祓いをする風習が後の端午の節句になっていきました。 今年は令和元年6月7日(旧端午の節句 5月5日)に毒月に流行神である疫病の霊的な予防策としての疫病封じ祈願祭を斎行いたします。 今年は昨年から男性の罹患率が高い「風...

続きを読む

平成31年4月9日 端午祭のご案内(5月5日斎行)

平安時代には「穢れを祓う」という五節句のならいを背景に「端午の節句」が定着しました。宮廷では邪気を祓うために屋根に菖蒲を葺き、節句の当日には天皇も貴族も菖蒲鬘をかぶり、今日も京都・上賀茂神社の賀茂競馬などに見られるような勇壮な競馬(くらべうま)も催されました。「端午の節句」に菖蒲が重んじられたのは、早春に力強く芽吹く姿に邪気を祓う力があると信じられたからです。陰陽會では5月5日に0歳から13歳までの男女のお...

続きを読む

平成31年2月17日 祈年祭を斎行致しました。

本年の五穀豊穣、産業の発展、国家・国民の繁栄を祈念申し上げました。     ...

続きを読む

平成30年12月31日 師走大晦の大祓式を斎行致しました。

師走大晦の大祓式を滞りなく斎行致しました。 当会の大祓をお受けになられた皆様に於かれましては、清々しい歳の初めをお迎えになられますようお祈り申し上げます。 ...

続きを読む