記事一覧

皇室弥栄

天皇家、皇室の御安泰並びに益々の弥栄をご祈念申し上げます。 初穂料・・・5千円授与品・・・御神札...

続きを読む

神恩感謝

願意が叶った時、或いは厄年が無事に終わった時などに神恩に感謝申し上げ、ご神前に奉告祈願を致します。 初穂料・・・お志し 授与品・・・御神札...

続きを読む

安産

ご無事の御出産と健やかなるお子様のご誕生を祈願致します。   初穂料・・・1万円授与品・・・御札・御守・腹帯・誕生の証(臍の緒入れ付)...

続きを読む

初宮

 私達日本人は、遠い祖先の昔から、様々な良い伝統を受け継いできました。  人生の節目節目に行われてきた「人生儀礼」もその一つです。  世の中は時代と共に変わっていますが、  昔から伝わり守られてきた人生の英知を大切にすることで、赤ちゃんの人生を明るくすることになるでしょう。 お七夜の祝い  普通、生後七日目までに赤ちゃんの名前を付けます。  この日、誕生の証に名前を書いて神棚などに掲げて神様に奉...

続きを読む

七五三

七五三詣は11月15日前後に五歳の男児や三歳・七歳の女児がお宮参りし、 健やかな成長を祈る神事です。 古くは三歳の「髪置(かみおき)」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)、 五歳の「袴着(はかまぎ)」(初めて袴を着ける)、 七歳の「帯解(おびとき)」(小袖に縫付けられていた紐を取り、 初めて帯を締める)という習俗がありましたが、 これらは貴族や武家というごく限られた階層の間で行われていた...

続きを読む

十三参り

 生まれ年の干支が一回りした数え13歳(満12歳)の子供が受ける年祝いの祭儀です。 江戸時代、数え13歳で男子が元服、女子が初めて本裁の着物に袖を通す年でもありました。  特に女の子のお参りについては福徳、智恵、美麗を授かるように、無事成人するようにと祈願致します。  暦では4月13日が「十三参り」ですが、当会では随時執り行っております。 十三参り年齢・・・数え13歳 初穂料・・・1万円 授与品・・...

続きを読む

成人奉告

 男女ともに満二十歳になる年の成人の日に、無事成人出来たことを御祭神に感謝・奉告申し上げると共に、新成人として国家、社会に貢献出来るよう祈願致します。   初穂料・・・5千円 授与品・・・御神札  ...

続きを読む

良縁

良縁に恵まれ、その御縁が固い絆で結ばれますよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札  ...

続きを読む

寿祭

数え年の還暦(61歳)・古希(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)・盤寿(81歳)・米寿(88歳)・卒寿(90歳)・白寿(99歳)・百寿(100歳) など、ご長寿をお祝い申し上げ、益々お健やかにお過ごしになられますようご祈念申し上げます。   初穂料・・・5千円 授与品・・・御神札  ...

続きを読む

学業成就

成績の向上を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

合格

各種試験の合格を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

心願成就

立願が成就為さいますよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

立身出世

社内での昇進並びに起業の成功を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

開運

物事が順風満帆に行くように祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

商売繁昌

ご商売の益々のご発展を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

事業繁栄

事業の益々の御繁栄並びに貴社の安寧を祈念し事業繁栄祈願祭を執り行います。 初穂料・・・1万円 授与品・・・御神札・御神酒 経営者の皆様へ 企業の清祓並びに社運長久祈願を毎月執り行います。...

続きを読む

社運長久祈願(法人会員限定)

法人会員へご入会いただきますと、毎月貴社の清祓並びに社運長久祈願祭を執り行い、 貴社の益々のご発展、安寧を祈念申し上げます。 また社運長久祈祷御神木札(丈60cm、巾14cm)を1年に一体、 並びに陰陽大神社運長久御祈祷之璽を毎月一体お頒かち致します。 ☆会社経営に限らず、個人による習い事、教室等のご発展にもお勧め致します。 法人会員 初穂料・・・一社・一団体に付き毎月5万円授与品・・・社運長久祈祷御神...

続きを読む

選挙当選

選挙にあたって公認を得る事並びに当選をご祈願致します。 また選挙期間中、ご本人並びに選挙に関わる方々が事故、怪我、病気などの禍を生じないよう、最後まで無事に選挙運動を行えるようご祈願致します。 国政、地方選挙に限らず、企業・団体の代表を選出する選挙にも対応いたします。 その他様々な選挙についてもご相談に応じてご祈願申し上げますので、詳細はお問い合わせ下さい。 初穂料・・・5万円 授与品・...

続きを読む

必勝

勝負事(スポーツや人生に於ける勝負を賭ける時など。但し賭け事は除きます。)に勝てるように祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

交通安全

交通事故による様々な禍を避けるよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

旅行安全

旅の折々で病気や事故に遭わぬよう、旅行や出張などの安全を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

安全

職場安全祈願、工事安全祈願、会社厄祓いなど様々な安全を祈願致します。 初穂料・・・3万円 授与品・・・御神札...

続きを読む

盗難除

盗難の禍を避けるように祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

方除

鬼門並びに裏鬼門などの凶方位の障り等の禍を避けるよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

枉事消除(まがごとしょうじょ)

枉事(まがごと)とは病気、事故、怪奇現象、金縛り、会社の倒産、災害など様々な禍によって自分を含め身内に不幸が起きたり、続いたりすることです。 枉事消除とはその枉津日(まがつひ)を祓い清め、消し除くようにご祈願することです。 授与品・・・御神札 初穂料・・・5千円...

続きを読む

縁切

禍をもたらす方との御縁を切るよう祈願致します。 初穂料・・・5千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

身体健康

健康と無病息災、また体の弱い方や病気明けの方の健康回復を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

病気平癒

病気、怪我の治癒並びに手術のご成功を祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

鹿算加持(ろくさんかじ)

鹿算加持(ろくさんかじ)とは陰陽道と古神道を融合させた当会独自の病気平癒祈願です。 鹿算加持の起源は定かではなく、武蔵国(むさしのくに)秩父郡(ちちぶこおり)長者村(ちょうじゃむら)、日本武(やまとたけ)神社の社家、守屋氏 の旧記によれば、大和武尊が東夷征伐の際に、供奉の磐鹿(いはか)の弟の磐長(いはなが)がこの地に留まって、病人を呪(まじな)って助けられてから、日本武神社に伝わる祈祷法だと云う...

続きを読む

自動車清祓

自動車による様々な事故の禍を防ぐよう、ご祈願申し上げます。 清祓された後は、交通規則を遵守して安全運転を心掛けて下さい。 年に1度は清祓されることをお勧め致します。 遠隔にて清祓をご希望の際は当会から車形代をお送りいたしますので、お申し込みの際、必要枚数をお申し出下さい。 車の清祓   1台    初穂料・・・5千円 授与品・・・御神札・御守...

続きを読む

地鎮祭

地鎮祭とは  地鎮祭は「とこしずめのまつり」とも言います。  建築物を建てる際に、最初に行う儀礼です。  土地の神々の霊を鎮め、敷地の穢れを清祓し、施主の弥栄を願い、工事の安全を祈願致します。 【主な地鎮行事】 刈初之儀・・・地鎮之儀の最初の儀式です。設計者が忌砂に向かって、三度忌鎌で草を刈る所作 をします。 穿初之儀・・・施主が忌砂に向かって、三度忌鋤を入れる所作をします。 鍬入之儀・・・施...

続きを読む

上棟祭

上棟祭は、棟上とも言われる祭式です。 建築にまつわる祭式の中で、最も重んじられる儀式です。 建物の守護神と工匠の神さまにこれまでの工事が無事に進んだ事を感謝すると共に、竣工に至るまでの安全と建物の永遠堅固をご祈願する儀式です。 主な上棟行事 ①曳綱の儀または棟木祓の儀 ②槌打の儀 ③散餅・散銭の儀または棟札奉祀の儀 上棟飾りと棟札は、上棟後棟木に掲げられ建物の完成時には、末永く、家内安全、災難...

続きを読む

宅神祭

地鎮祭から始まった工事が上棟祭を経て無事に終了し、建物の無事完成を神々に奉告し、建物の堅固長久と施主の弥栄を祈願する儀式です。  近年では竣工祭や宅神祭を執り行う施主が少なくなってしまっていますが、  建築にまつわる大変重要な祭典の一つです。 宅神祭は一般家屋や事務所などの完成の際に執り行います。出張祭典でご用意いただくご神饌等について宅神祭 初穂料・・・3万円 授与品・・・御神札  こ...

続きを読む

家屋清祓

建物(戸建て住宅)・部屋(マンション・アパート・賃貸住宅)の清祓を執り行い、清々しくお健やかにお過ごしになれるよう祈願致します。 初穂料・・・出張祭典の場合・・・3万円       ご参拝又は遠隔祈願の場合・・・1万円 授与品・・・御神札尚、出張祭典の際は祭典執行場所によっては燃油代並びに神祭具送料等がかかる場合がございます。予めご確認下さい。また、出張祭典の際はご神饌のご準備をお願い致します...

続きを読む

入居前清祓

引越し等により、中古住宅や賃貸部屋に移り住む際、また事務所などを開設される際に、基本的には荷物を搬入する前に家屋や部屋の清祓を致します。 (既に引越し済みの場合は家屋清祓を執り行います。) 穢れを祓い、清々しくお過ごしになれるよう祈願申し上げます。 初穂料・・・出張祭典の場合・・・3万円       ご参拝又は遠隔祈願の場合・・・1万円 授与品・・・御神札   尚、出張祭典の際は祭典...

続きを読む

改装改築前後の清祓

建物を新築の際には、地鎮祭から始まり、棟上げの際には上棟祭、完成後には宅神祭を執り行い、土地にまつわる神々をはじめ、建物等にまつわる神々をお祀りし、工事の折々に、工事の安全と建物の堅固長久を願い、施主の弥栄を神々に奉告、祈願致します。 改装・改築に際しても、建物を一部壊し、作り直すわけですから、改装・改築を行う前に、先ず建物におわす神々にその旨を奉告申し上げ、工事の安全を祈念致します。  また...

続きを読む

家毀(こぼ)ち

家屋(蔵その他建物)を壊す際、禍の無いように、また解体工事の安全を祈願致します。 初穂料・・・出張祭典のみ・・・3万円 尚、出張祭典の際は祭典執行場所によっては燃油代並びに神祭具送料等がかかる場合がございます。予めご確認下さい。 また、出張祭典の際はご神饌のご準備をお願い致します。 出張祭典でご用意いただくご神饌等について...

続きを読む

井戸清祓

使わなくなった古井戸を埋める際に、禍が起きないように清祓致します。 初穂料・・・出張祭典のみ・・・3万円  尚、出張祭典の際は祭典執行場所によっては燃油代並びに神祭具送料等がかかる場合がございます。予めご確認下さい。また、出張祭典の際はご神饌のご準備をお願い致します。出張祭典でご用意いただくご神饌等について...

続きを読む

樹木伐採奉告

樹木にも魂(木霊)が宿ります。 庭木などの植栽30年以上の樹木を伐採する時には、祟りや禍などの枉津日(まがつい)が起きないように樹木伐採前に樹木伐採奉告祭を執り行います。 また30年を経ていなくても、木霊が宿る場合があります。 特に松を伐採する際には注意が必要です。 樹木の伐採を為さる前に、是非ご相談下さい。 丁寧に祭儀を執り行うことで、樹木伐採による祟りや禍を遠ざけると共に心晴れやかに日々...

続きを読む

神棚奉斎

新しく神棚を設ける時、また新しい御社(おやしろ)をお祀りする際に、神棚・御社を祓い清め御霊入れを致します。 また施主様の益々のご繁栄を祈念申し上げます。 初穂料・・・出張祭典のみ・・・3万円  尚、出張祭典の際は祭典執行場所によっては燃油代並びに神祭具送料等がかかる場合がございます。予めご確認下さい。 また、出張祭典の際はご神饌のご準備をお願い致します。 出張祭典でご用意いただくご神饌等に...

続きを読む

神棚毀(こぼ)ち

家のリフォームの際に神棚をお下げする場合、新しいお宮に交換する場合、或いは神棚をお祀りできなくなってお下げする場合など、神棚をお下げする際に、禍の無いように祈願致します。 初穂料・・・3万円 (出張祭典のみ)尚、出張祭典の際は祭典執行場所によっては燃油代並びに神祭具送料等がかかる場合がございます。予めご確認下さい。また、出張祭典の際はご神饌のご準備をお願い致します。出張祭典でご用意いただくご神饌...

続きを読む

土地・建物・店舗・倉庫の清祓

土地・建物・店舗・倉庫等の清祓によってその場所の穢れを祓い清めます。 建売住宅の場合、地鎮祭が行われていない場合があります。 中古住宅の場合は前の持ち主の念によって、賃貸の場合は何人もの借主の念や穢れによって、持ち家でもマンションなど上下左右に隣近所が接している場合、上下左右の住人の念や穢れによって禍を引き起こす場合が多々あります。  これらの穢れが原因となって、様々な禍が生じて、本来安らぎを必...

続きを読む

神風除

神風とは台風などによる強風を意味しています。 神の荒びによる枉津日(まがつひ)によって引き起こされる台風などによる強風、竜巻等の禍を受けないよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

神鳴除

神鳴とは雷の事です。 神の荒びによる枉津日(まがつひ)によって引き起こされる神鳴(雷)の禍を 受けないよう祈願致します。 初穂料・・・3千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

地震之禍除(なゐのわざわひよけ)

近年、地球規模で様々な天の禍が起きております。 古来から我が国では、天の禍は天譴災異(てんけんさいい)と呼び、治世の乱れから天の荒びとなり、枉津日(まがつひ)が生じ、禍が起きるとされてきました。 一度大地震が起きれば、大災害にもつながります。 穢れを祓う事によって禍を遠ざけ、災難を除けるように祈願致します。 初穂料・・・5千円 授与品・・・御神札...

続きを読む

火難除・水難除

近年、地球規模で様々な天の禍(わざわひ)が起きております。 古来から我が国では、天の禍は天譴災異(てんけんさいい)と呼び、治世の乱 れから天の荒びとなり、枉津日(まがつひ)が生じ、禍が起きるとされてきました。 火難・水難は天の禍によるものだけでなく、人為的な禍によってももたらされるものですが、穢れを祓う事によって禍を遠ざけ、災難を除けるように祈願致します。 初穂料・・・5千円 授与品・・...

続きを読む

物之清祓

「物」には穢れが付着する場合が多々あります。 特に宝石類(特に水晶)、人形、中古品、骨董品、喪服、数珠などは様々人の思いや穢れが付着することで、禍を招く恐れがあります。 これらの物を穢れが付着した状態で所有していると、更なる穢れが付着する事から、禍を招き、事故・怪我・病気・家庭の不和・経済的損失などの様々な良からぬことが生じます。 物の清祓をすることで穢れを祓い、禍を遠ざけて下さい。 穢れ...

続きを読む

呪詛解除

呪詛とは神仏や悪霊などに祈願して相手に禍が及ぶようにすることです。 呪詛は、蠱毒(こどく・虫や動物などの怨念を使用した呪詛)による呪いをはじめ、悪霊や悪鬼に祈願した呪い、生霊(いきりょう・生きている人の妬み・恨み・怨念など)、死霊(しりょう・身罷った人の恨みや怨念)による呪いを指します。 呪詛解除とはこれらの呪詛によって禍を被っている場合に、鑑定の上、執り行う方術です。 しかしながらご本人が...

続きを読む

新生児選名・命名

名前は、父母によって赤ちゃんに最初に贈る贈り物です。 だからこそ、生まれてきた赤ちゃんが一生、その名と共に愛され、幸せに生きていけるよう、願いを込めてつけてあげたいものです。  赤ちゃんの名前は、単に他の人と区別する記号として付けるのではなく、子供の性格をも決め人生をも左右するものです。  その子が丈夫に育ち立派な人生を歩むよう、名付けは慎重に考えられます。  良い字良い意味の名前だけでなく、身...

続きを読む

企業・団体等の名称選定

企業・団体等が一層繁栄し、社会に貢献出来るよう、名称を選定致します。 企業・団体の名称は個人の名前同様、あるいはそれ以上に社運に大きく影響を及ぼします。 名称選定にあたり、最も重要な事はその企業・団体が何を目指しているのかと云う事に加えて、企業名・団体名の漢字や文字の意味と読み方、また声に出して読んだ時の音の響きです。 名称は企業や団体が続く限り、常に書いたり、読んだり、聞いたりし続ける事に...

続きを読む